ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル損害保険株式会社

団体向けの代表的な商品GLTD(団体長期障害所得補償保険)

企業その他の団体を契約者とし、その企業の従業員または団体の構成員等を被保険者として、 被保険者がケガや病気のために仕事に就けなくなったときに所得を補償する保険で、対象期間を最長で定年退職年齢に達するまでというように、極めて長期に設定できる点を特長とします。

GLTD(団体長期障害所得補償保険)の特長

長期間で広範囲の補償

補償期間は5年程度から最長定年年齢までといった長期間の補償設定が可能です。また入院中に限らず、医師の指示による自宅療養、リハビリテーション中も、保険金支払い条件が満たされる限りお支払いの対象となります。

復職後も引き続き補償

契約内容により、身体障害が残ったことで、就業に支障があり(復職先を問わず)健康時の所得に比べて一定割合の所得喪失がある時には、所得喪失率に応じて保険金をお支払いします。

オーダーメイド性の高いプランの設定が可能

ご要望にあわせて、補償額・補償内容・コスト負担・加入形態・既存の補償制度との兼合い等様々な角度からとらえ、それらを充分に反映した理想的な制度設計が可能です。

豊富なオプションから補償内容を設計

日立キャピタル損害保険が持つ豊富なオプションの特約からお客様にふさわしい特約を選択し、ご案内します。

代表的な特約

  • 精神障害補償特約
  • 天災危険補償特約
  • 妊娠に伴う身体障害補償特約

充実のリカバリーサポートプログラム

  • 福祉やその他の情報サービス
  • 就労に必要な器具・装置などのご紹介、購入費用に関する公的制度のご案内
  • 障害者職業センターのご紹介 など

GLTD(団体長期障害所得補償保険)のさまざまな加入方式

団体が保険料を全額負担

団体が保険料を全額負担

団体が一定比率を負担・残りは任意でカバー

団体が一定比率を負担・残りは任意でカバー

従業員の方がより充実した補償をご希望される場合の制度として

従業員の方がより充実した補償をご希望される場合の制度として

このページはGLTD(団体長期障害所得補償保険)の概要をご紹介しています。 詳細は普通保険約款・特約をご確認ください。また、ご不明な点がございましたら、日立キャピタル損害保険にご照会ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。