ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル損害保険株式会社

ストレスチェック・サポートサービス

2015年12月、ストレスチェック義務化スタート!

「労働安全衛生法」が改正され、労働者が50 人以上いる事業所では、2015 年12 月から毎年1回、ストレスチェックを原則全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。
該当する事業所は、ストレスチェックと面接指導の実施状況を、毎年、労働基準監督署に所定の様式で報告する必要があります。

ストレスチェック・サポートサービスで貴社をバックアップします!

日立キャピタル損害保険のGLTD(団体長期障害所得補償保険・全員加入型)にご加入いただいた企業さまに、無料(※)でWebによるストレスチェック・サポートサービスをご提供いたします。本サービスでは、有償サービスも含め、ストレスチェックの導入からチェック後の高ストレス者対応、組織分析まで、企業さまの一連の業務をサポートします。

ご契約いただくプランによってはサービスをご提供できない場合もあります。

特長1

ストレスチェックの実施・組織診断まで無料でご提供

Webを利用したストレスチェックを無料でご提供します(英語版の提供も可能です)。チェック結果の従業員へのフィードバックはもちろん、集約した組織診断レポートを企業さまにご提供します。

特長2

導入サポートマニュアルを無料でご提供

「ストレスチェック義務化といっても何をどのように行えばいいかわからない」とお悩みの人事ご担当者の方に、本サービスを利用したストレスチェック対応の導入方法をわかりやすく解説した、「導入サポートマニュアル」を無料でご提供します。

特長3

高ストレス者への医師面談サポートを有償で斡旋

高ストレスと判定された従業員から面談希望の申し出があった場合に、面談医の手配を希望される企業さま向けに面談可能な医師を有償でご紹介します。全国対応も可能です。

ストレスチェック・サポートサービスは日立キャピタル損害保険が(株)法研に業務委託して行うものです。

Webストレスチェックシステムの多彩な機能

本サービスでご提供するストレスチェックシステム「Myストレスチェック」は、企業さまのニーズに対応した多彩な機能を搭載しています。

厚生労働省推奨版使用

厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票(57項目)版」のストレスチェックです。

実施者はいつでもアクセス

委託業者に依頼しなくても、産業医や実施事務従事者はいつでも管理クライアントから 事業場のデータを確認できます。

多様な組織分析

職場単位や性別、年代別などの各種切り口で、設問ごとの回答割合を集計するといった様々な分析が可能です。

データ保存期間も自動で管理

ストレスチェックのデータは貴社専用サーバー内に5年間保存されます。5年経過後に登録データを自動削除します。

ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像

ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像 ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像
  • サービス利用申込書をご提出いただきます。
    「導入サポートマニュアル」を無料でご提供します。
ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像
  • 貴社(衛生委員会)にてストレスチェックの実施体制・方法を 審議します(本サービスを利用することを定めます)。
ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像 ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像
  • 「Myストレスチェック」のID・PWをご提供します。従業員データ(所属やメールアドレスなど)をご用意いただき、Webストレスチェックを実施します。回答が無い方へはリマインドメール機能を利用して受検を促します。
ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像
  • ストレスチェック結果を各従業員にメールで通知します。高ストレス者には同時に面談勧奨メールを送信します。また、組織診断結果を貴社にご提供します。
ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像 ストレスチェック・サポートサービスご利用の流れ・全体像
  • 面談を希望する高ストレス者に対し、面談可能な医師をご紹介します。医師の意見を聴取し、貴社における就業上の措置を実施ください。

資料請求

お問い合わせ